意外と知らなかった!バレエシューズとトウシューズ

0-30これからバレエを始めようと思っている方やレッスンを始めたばかりの方だと、意外と知らないのが
「バレエシューズとトウシューズの違い」です。
バレエといえばトウシューズのイメージがありますが・・・
バレエシューズってなんだろう・・・?

今回は、その違いについてまとめました!

バレエシューズはバレエレッスンのための靴

バレエを習いたては、まずバレエシューズを履いてレッスンします。初心者は数年かけてしっかり足を鍛えるバレエレッスンを受ける必要があります。 レッスン年数だけではなく、足の成長や先生からの許可をいただいてからが良いです。無理をした結果、足首を痛めたり足の故障になることもありますので、キチンとレッスンを重ねる必要があります。

トウシューズをはくのに必要なもの

1)トウシューズ(ポワント)

トウシューズには日本製・外国製と色々あります。お教室によっては先生が指定している場合もあります。

2)トウパット

足を痛めないように足先に中敷(トウパット)を入れます。ほかにもストッキングを使う人もいるようです。

3)リボン

リボンは自分でフィットするように縫い付けます。色々な種類があり、太さや色、つやなどまったく違います。色はトウシューズに合わせるのが普通なようです。

華やかなバレエには、地道なレッスンが必要なんですね。バレエを長く続けていくためには、自分の足にあったバレエシューズ・トウシューズを履くことが大切です!

高円寺レンタルスタジオは、バレエ用レッスンバー・音楽デッキ・ヨガマット完備☆
バレエ教室開校や個人レッスンにおススメのレンタルスタジオです。
中央総武線「高円寺駅」から徒歩7分の好アクセス!

設備・備品についてはこちらをご覧下さい!
設備・備品について

バレエレッスンでスタジオを探している方!お気軽に高円寺レンタルスタジオまでお問い合わせ下さい^^♪

バレエにおススメ!高円寺レンタルスタジオの問合せ先

 

高円寺レンタルスタジオのトップページ

Print Friendly